読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感覚で生きる。ブログ

考えることが苦手。だからブログにまとめることにした。

人気ブログ作り方メモ

とりあえず3ヶ月毎日更新。

見よう見真似でとりあえずやる。

文章術うんぬんよりも、実践が一番。

ナナピ、NAVERまとめ、増田にリンクさせる。

世の中 、 「やった組 」と 「やらなかった組 」しか存在しません 。

続けるには 、続けるしかないのです

毎日更新に固執すると 、一つ一つの記事の質が落ちるから毎日更新は必要ないと反論してくる方もいます 。でも 、そういう人たちで上手くいったケ ースは 、私は知らないです 。

世の中には成功法則たくさんありますが 、どれも要するに 「やれ ! 」っていうことです 。

キャッチーなタイトル

1 )記事を全部書いて 、一度読んだあとにタイトルを考える

2 )記事を読んだ後に得られる 、快適で素晴らしい生活を想像しながら考える。

5 ) 「あなたの ~ 」からはじめる

7 )数字を入れる

「読み手が読みたい 、読みやすい記事 」

アフィリエイトありきの記事ではなく 、まずは書きたい 、伝えたい記事を書く 。そして 、アフィリエイトリンクを設置してもおかしくない時だけ 、アフィリエイトリンクを貼るようにしましょう 。私の場合 、記事をポストした直後はアフィリエイトリンクを設置せず 、しばらくしてから設置することもあります 。

自分の人生のスロ ーガン的なものをブログタイトルにするのが 、一番しっくりくると思います 。

自分のミッションや価値観をイメ ージできるようなブログ名を付けたほうが良いと思います 。

「わかったブログ 」というブログ名は 、その名の通り 「自分が知ったり 、理解したことを書く 」というところから来ています 。

 

ぜひ 「分割 」のテクニックを利用して 、 「釣り 」を

タックル (竿 &リ ール )

仕掛け

戦術

結果

に分割してみる。

これらを小見出しにする。

ホッテントリメーカー

一方で 「書くことが無い 」という人は 、インプット不足です 。パソコンの前でネットサ ーフィンするよりも 、仕事を頑張ったり 、街へ出たり 、スポ ーツをしたり 、もっと本を読みましょう 。

自分で経験したことを 、法則化 ・フレ ーム化していけば 、他人にも役立つ記事のネタになります 。

当時 「どうすればお金持ちになれるか ? 」を必死に考えた結果 、 「こうすればお金持ちになれるだろう 」という仮説をまとめたものです 。サイトを立ち上げた当時はあくまで 「仮説 」でした 。
その後どうなったかというと 、サイトの内容に沿って行動しているうちに 、副収入が入り始めて 、本業の収入を上回ってしまい 、 2年ほどでサラリ ーマンを辞めて独立してしまいました 。

「文字に書いた夢は実現する 」

いくつかの幸運にも恵まれたのは事実ですが 、 「目標 」を持ってブログを運営したことが 、一番の理由だと思っています 。


自分の成長とブログの成長が同期するのです 。

日々の成長そのものもコンテンツにしています 。

書評

穴の空いたバケツで水を汲みつづけるような人生だけは避けたい

ブログは思考のデ ータベ ースです 。

ネット上に 1 0 0人のファンがいれば成功できると言われています 。

有名ブロガ ーにお願いして紹介してもらったり 、 N A V E Rまとめに記事をポストして爆発させて 、自分のブログへ誘導するような泥臭い手段が有効

「定期的に読む理由 」

他のブログでは読めない情報を発信すれば 、確実にリピ ータ ーがつきます 。

書くことで物事が整理されるという面もあります 。

「書けば実現する 」は本当です 。

ブロガ ーの興味の幅の範囲内で 、色々な話題がポストされるのはしょうがないです 。その代わり 、メインの話題を定期的にポストすることで 、ブログにメインストリ ートを形成します 。

ブロガ ーが作れる独自商品とは … … 。そう 、電子書籍です 。電子書籍の発行こそが 、ブロガ ーの目指すゴ ールだと 、私は考えています 。

K i n d l eの仕組みを利用すれば 、誰でも電子書籍を発行できます 。

文章力は必要ありません。記事のネタは日々の生活に転がっています。定期更新しましょう。自分よがりの記事は、誰も読んでくれません。「読者のために、読者が喜ぶ記事を書き続ける」こと。それだけで読者は増えていきます。

興味のあることを何でもポストするブログよりも、あるニッチなジャンルに特化したミニサイトを作ったほうが、Adsenseで効果的に収益を得ることができるでしょう。

大切なのはユニークな視点を持つことです。

「小さな子ども向けのテクノロジー」

大量の記事を書けるテーマを選ぶようにしてください。

「質問に答える」「問題を解決する」「読者を笑わせる」「読者を泣かせる(良い意味で)」

* 見出しをつける
* 箇条書き、リストを使う
* 引用、キャプションを使う
* 改行する
* 太文字を使う
* 画像を入れる
* 文章量が多いときには分割する

タイトルひとつで、記事の人気度は大きく左右されます。
* 知り合いや読者に記事を書いてもらい、ブログに参加してもらう:ブログの認知度は2倍に